足の疲れを解消するストレッチ!おススメ方法

足の疲れにはヨガのポーズが効果的?

朝起きても、なんだか足の疲れが残っている。。。

 

 

1日中足が重たい。。。

 

 

皆さんは足の疲れが抜けないってことはありますか?

 

 

 

特に寒い冬の時期は、寒さで血行やリンパの流れも悪くなりやすく

足のむくみや冷えを悩む方は多いかもしれません。

 

 

足のむくみや冷えは足の疲れ、だるい、重たいに繋がります。

 

 

ここでは、足の疲れを明日に残さないための、簡単なストレッチや、ヨガのポーズなど

おススメの方法をいくつかご紹介したいと思います。

 

寝る前におススメの簡単ストレッチ!3選

【ふくらはぎ伸ばし】

 

正座の姿勢から片足を立て、

(忍者座り)のような姿勢を作ります。

 

 

ゆっくり呼吸をしながら、吐く息とともに

立てている足へゆっくり重心をかけます。

(30秒ほどキープしましょう)

 

 

 

立てている足のふくらはぎが伸びるのを感じてみましょう。

 

 

反対も同様に行います。

 

 

同時に腰回りも伸びて気持ちよいですよ(^^♪

 

 

【大腿(前腿)伸ばし】

 

横向きの姿勢をとります。

 

上の足を膝から折り曲げたら

上の手で足首あたりをつかみます。

 

 

ゆっくり呼吸をしながら、

吐く息で踵をお尻の方へ近づけていきます。

 

 

ももの前側や鼠蹊部の伸びを感じてみましょう。(30秒ほどキープします)

 

 

反対も同様に行いましょう。

 

 

 

 

【ハムストリング伸ばし】

 

長座の姿勢をとります。

この時に腰が丸まってしまう方は、

お尻の下に座布団やクッションなどをおきましょう。

 

 

片足を立て足裏に両手をかけます。

 

 

 

ゆっくり呼吸をしながら、

吸う息で足をゆっくり天井の方向へ持ち上げていきます。

 

 

膝は伸ばせる範囲でゆっくり伸ばしていきます

踵を押し出すようにつま先を自分の方向へ近づけていきます。

 

 

膝がプルプルしないところでキープします

(30秒ほどキープしましょう)

 

 

反対も同様に行います。

寝る前におススメの簡単ヨガポーズ!3選

【猿王のポーズ】

 

膝立ちの姿勢から、片足を前に出します。

骨盤を立てるように尾骨は下へ向け下腹部は引き上げるように意識します。

 

 

両手を腿の上に乗せ

ゆっくり呼吸を繰り返します。

 

 

 

息を吐きながら前の足に少しづつ重心をかけ

後ろ足の鼠蹊部の伸びを感じましょう。

(5呼吸キープします)

 

 

反対も同様に行います。

【ツルのポーズ】

 

両足は肩幅2倍くらいのスタンスで骨盤をまっすぐ前方に向け立ちます。

 

 

両手を腰の後ろで組みます。

 

 

ゆっくり呼吸を繰り返します。

 

 

吐く息で上体を前方に倒します。

この時に頭とお尻が一直線を意識しましょう。

 

 

胸郭、胸に呼吸を広げるように、視線は斜め前方へ向けます。

 

 

前足の腿の裏、ふくらはぎ周り(ハムストリング)の伸びを感じましょう。

(5呼吸キープします)

 

 

余裕があれば、組んでいる手を天井方向へ持ち上げることにより、同時に肩・肩甲骨まわりのストレッチにもなります。

 

 

反対も同様に行います。

 

 

 

 

【仰向けで足を高く上げるポーズ】

 

壁を使います。

お尻の下に座布団等をおき、仰向けの状態で、足を高く上げ壁にセットします。

 

 

足の幅は心地よい幅で。

 

 

 

 

両手もリラックスできる場所へ広げます。

 

 

まぶたを閉じて、リラックスします。

(10分程キープします)

 

重力で腰回りも緩み気持ちよいです。

 

足の疲れに効果的なストレッチ まとめ

1日の終わりに、足が重たい。。。

足がむくんでいる。。。

 

 

そんな時は、おススメのストレッチ・ヨガポーズを就寝前に取り入れてみてくださいね(^^♪

 

 

就寝前に取り入れるだけで、翌朝の足の状態がとっても変わります!!

 

 

また、足の疲れを改善する効果的なオイルマッサージ方法はこちらでご紹介していますので

参考にしてみてください(^^♪

 

 

板橋区のヨガサークル・東京近郊への出張ヨガ・パーソナルヨガ・企業ヨガ

ヨガで体と心をきれいに

★Lani yoga★