アロママッサージオイルの作り方 簡単レシピ~ヨガで日常の知恵を~

簡単に作れるアロママッサージオイル

アロママッサージオイルとは?

日常のリラックスタイムに

夜のお休み前の癒しに、健康・美容のためにアロママッサージオイルを活用して

日常を忘れ優雅なひと時を過ごしてみませんか?

 

 

いつもお仕事や、家事、子育てなど…

頑張っているご自分をいたわってあげることも大切です(^^♪

 

 

 

マッサージで使用するために、

精油を植物油で希釈した(薄めた)ものを『アロママッサージオイル』と言います。

 

 

これを使って皮膚をマッサージすることにより、皮膚から体内に精油の成分を浸透させる方法が

アロママッサージです。

 

 

オイルマッサージでは、精油の有効成分を鼻と皮膚のふたつの経路から作用させることができます。

 

同時に、マッサージ本来の働きにより

心や血液、血管、リンパ液、筋肉などへの作用が期待できます。

 

準備するもの

〇精油(お好きなアロマ)

〇植物油(ホホバオイル・セサミオイル・ライスブランオイルなど)

〇保存用の容器

アロママッサージオイルの作り方

精油は原則として必ず、植物性の油で希釈しなければ皮膚に使用することはできません。

そこでオイルマッサージをする前に、精油と植物性油を混ぜる必要があります。

 

精油も植物油も同じ脂溶性なので、完全に混和させることができます。

マッサージオイルを作るときに、注意するポイントがありますので必ず確認して守りましょう。

 

濃度は1%パーセンと以下が基本

マッサージオイルは精油と植物油を混ぜて作りますが、その際の安全な濃度は日本では1%とされています。

 

植物油(キャリアオイル)の分量 10㎖ 20㎖ 30㎖ 40㎖ 50㎖
 精油(アロマオイル)の分量 2滴 4滴 6滴 8滴  10滴

1%濃度のアロママッサージオイルを作る際は、

10㎖の植物油に対して、アロマ精油を2滴(0.1㎖)、という基本を覚えておくとよいですよ。

(※ちなみに市販されているアロマ精油の瓶は必ず共通して1滴=0.05㎖と規定されています)

 

さてそれでは作ってみよう!!

 

1.保存用の容器にキャリアオイルを入れます。
2.アロマオイル(精油)を加え、容器をよくふってください。


※保存料などは入っていませんので、2週間くらいで使いきりましょう。

※保存は保存容器のまま、冷暗所で保管してください。

目的に合わせたおススメのアロマブレンド

〇リラックス…ラベンダー+スィートオレンジ

 

〇リフレッシュ…レモン+ペパーミント+ユーカリ

 

〇デトックス…グレープフルーツ+ローズマリー

 

〇ホルモンバランスを整える…ゼラニウム+フランキンセンス+ラベンダー

 

〇体を温める…ローズマリー+グレープフルーツ+ジンジャー

 

〇幸福感を与えてくれる…ゼラニウム+ベルガモット+ベンゾイン(バニラ)

 

簡単にできるひざ下のマッサージはこちらで紹介しています

 

使用の際に注意したいポイント

 

光毒性のある精油 (使用後3~4時間は強い日光浴を控える)
ベルガモット・レモン・グレープフルーツ


※就寝前、夕方や夜のマッサージをおすすめします。
※ベルガモットが特に光毒性の濃度が高く注意が必要です。

※ベルガモットを使うときは、光毒性成分を除去したベルガンテンフリーをお勧めします。

 

 

敏感肌の人やアレルギー体質の人は、事前にパッチテストにより安全かどうか確認することをおすすめします。

パッチテストの方法は簡単です。
精油をキャリアオイルで1%以下に希釈し、1滴だけ腕の内側のやわらかい部分に塗り、数時間ほど放置します。

何も異常がなければ大丈夫ですが、皮膚にかゆみや炎症などが出た場合は、その精油を使ったマッサージはひかえて下さい。異常がみられた場合は、水でテストした部分を洗い流して下さい。

植物油(キャリアオイル)は目的に合わせて選ぼう

植物油(キャリアオイル)には3つの役割があります。

 

1.アロマオイル(精油)を希釈するための基材
2.アロマオイル(精油)を皮膚の深部まで浸透させ、血液やリンパ液まで運ぶ
3.植物油そのものの効果

 

代表的な植物油(キャリアオイル)

 

〇ホホバオイル…浸透性や保湿力に優れるため、アロマテラピーなどのマッサージ基材としてよく使用されます。また髪のキューティックルの保護にも効果があります。酸化しにくい

 

〇マカダミアナッツオイル…

マカデミアナッツオイルには、パルトミン酸(皮膚や血管の若さを保つ)が20%以上と多く含まれています。またビタミンも豊富なため、皮膚の若返りを助けるオイルとして人気があります。

酸化しにくい

 

〇セサミオイル…インドのアーユルヴェーダでは、マッサージオイルやトリートメントオイルとして用いられています。ゴマ特有の成分であるセサミン、セサモリン、セサモールなどやビタミンEなど抗酸化物質を含むことから、体内の毒素を排出するデトックス効果や、アンチエイジング効果。体を温める効果。酸化しにくい

 

〇ライスブランオイル(米油)…米油にはビタミンEが豊富に含まれ、抗酸化作用に優れるので、老化防止・アンチエイジングが期待できます。また豊富に含まれるオレイン酸はもともと皮膚に含まれる成分で肌なじみが良く、保湿に優れています。酸化しにくい

 

おススメの植物油のメーカー

植物油(キャリアオイル)は私はこちらのマカダミ屋さんのものを実際に使用しています。

ヨガクラスやプライベートでも使用していますが、

お値段もお手頃なうえにとても高品質でコスパに優れています。今までたくさんのメーカーさんのものを使用しましたが、私はここが1番使いやすかったです!

簡単!アロママッサージオイルの作り方 まとめ

アロママッサージオイルの作り方さえ覚えてしまうと、その日の気分に合わせてブレンドマッサージオイルを作れるのでとても楽しいですよ(^^♪

 

自分で作ったマッサージオイルで自分自身をいたわってあげてくださいね(^^♪

 

板橋のヨガサークル・東京近郊の出張ヨガ・パーソナルヨガ・企業ヨガ

『Lani yoga』